「双極障害の恋人に言ってはいけない言葉ってある?」

「双極性障害の彼氏が落ち込んでる!もしかしてあの言葉のせい?」

この記事はそんな悩みを持つ方に向けて書いています。更新日.2021年4月21日

わたしは「双極性障害」の26歳主婦で、うつ病の旦那がいる、福たろと申します。

双極性障害の恋人がうつ状態の時、悪化させないように言葉に気をつけようと思いますよね。

これを読んでいるあなたは、「うつ状態の双極性障害の恋人に言ってはいけない言葉」について知りたいと思っていることでしょう。

この記事では、「うつ状態の双極性障害の恋人に言ってはいけない言葉」と「言ってはいけない理由」について、当紹介しています。

参考にしていただけるとありがたいです。

双極性障害の恋人に言ってはいけない言葉【うつ状態編】

双極性障害(うつ状態)の恋人に言ってはいけない言葉には、

  • いつ治るの?
  • 早くして
  • 甘えだよ
  • 気の持ちようだよ」
  • 「頑張って」

などがあります。

今回はこの言葉を言ってはいけない理由を紹介します。

「いつ治るの?」

一番治したいと思っているのは本人なのに、

「いつ治るの?」と恋人に言われると、プレッシャーを感じて焦ってしまう可能性があります。

双極性障害は、脳の病気なので風邪のようにすぐ治る訳ではありません。

薬をきちんと飲むことや周りの協力などによって症状が安定する(寛解)と言われています。

うつ状態で無理をすると症状がひどくなってしまうので、恋人に寄り添ってあげてゆっくり休ませてあげましょう。

「早くして」

歩くスピードや判断が遅い恋人を見て

「早くして」

と言っていませんか?

うつ状態になると、

  • 体が鉛のように重く感じる
  • 考えることが難しくなる

と言った症状が出るので、動きが遅くなったり、物事をすぐ判断できなかったりするようになります。

自分の思うように動かない状態なのに「早くして」と言われると、悲しくなってしまうので言わないでください。

「甘えだよ」

うつ状態になると、

  • 些細なことで泣ける、怒る
  • 寝すぎる
  • 体が鉛のように重くなって動きにくい

といった症状が出ます。

些細なことですぐに泣いたり怒ったりして、仕事も休んでばっかりで一日中寝ている恋人を見たら

「甘えだよ」

と言いたくなってしまうかもしれませんが、病気がそうさせてしまっていると思い、責めないように気をつけましょう。

「気の持ちようだよ」

あなたは、うつ状態の恋人の症状を見て「気の持ちようだよ」と言いますか?

側から見ると恋人はただ甘えているだけに見え、「病気なんて気のせい」「気の持ちようだからポジティブに行こう!」と思ってしまうかもしれませんが、その考えを押し付けるのはやめてください。

「病は気から」と言いますが、なんども言うように双極性障害は脳の病気です。

気の持ちようで何とかなることではないので言わないでください( ; ; )

「頑張って」

うつ状態になると、

  • 体が鉛のように重く感じる
  • 考えることが難しくなる

ので、頑張りたくても頑張れなくなってしまいます。

頑張れない自分に苛立ったり悲しくなったりしている時に、「頑張れ」と言われたら追い詰められていると思ってしまうので言わないように気をつけましょう。

悪化させないように言葉に気をつけよう

いかがでしたか?

今回は、双極性障害の恋人に絶対に言ってはいけない言葉5選【うつ状態編】を紹介しました。

双極性障害のうつ状態では、体が鉛のように重くなって動作が遅くなったり些細なことで泣けたり怒れたりしますが、それは甘えではありません。

病気の症状によってそうなっているので、今回紹介した言葉に気をつけて、症状を悪化させないように気をつけましょう。

そして、恋人と仲良く楽しく過ごしてください(*´ω`*)

ぜひ、他の関連記事もご覧ください。

記事の感想は「#うつ恋」でTwitterで投稿していただけると嬉しいです。

↓双極性障害恋人に絶対やってはいけない行動についてはこちら!